PEARSプロバイダーコース
コースの特徴

PEARSは日常的に乳児や小児の蘇生行為を行っていないプロバイダーの研修ニーズをより満たすために開発されました。一次救命処置(BLS)スキルはすべてのヘルスケアプロバイダーに重要だが、小児を処置する全てのプロバイダーが小児二次救命処置(PALS)で教わるすべてのスキルを利用しているわけではありません。多くのプロバイダーは、致死的な状態に陥る可能性のある小児を認識し、より熟練のプロバイダーの応援を積極的に求めなければなりません。そうした小児を認識することが予後の改善に最重要であるため、本コースでは小児の管理よりも、小児の評価および認識スキルの向上に重点を置いています。

受講対象者

・医療従事者(医師、看護師、救命士など医療国家試験有資格者)
・医療系学生(医学生、看護学生、歯学生等)
・その他医療関係者
・保育士/幼稚園教諭
・養護教諭


アメリカ心臓協会(AHA)の作成したビデオを見ながら、熟練したインストラクターが丁寧に指導いたします。 グローバルスタンダードと世界中でも評価されているアメリカ心臓協会(AHA)のコースとなり、コース修了者には国際ライセンスカードが付与されます。



コース基本情報
受講時間
1日間(8時間程度)
受講条件
AHAガイドラインに準拠した質の高いCPRが行える方
当日必要な教材
・ トレーニング用ポケットマスク(小児用)


・ PEARSプロバイダー マニュアル AHAガイドライン 2015準拠

本書はAHA(アメリカ心臓協会)が全国各地で開講する「PEARSプロバイダーコース」の受講に必要な教材です。2015年に改訂された現在最新の版となっています。

内容

・コース概要
・重病または重症な小児へのPEARS体系的アプローチ
・第一印象と反応
・気道と呼吸:一次評価と呼吸障害の判定
・呼吸障害の管理
・呼吸器系緊急事態の管理に用いる器具と手技
・呼吸ケースディスカッション
・循環、神経学的評価、全身観察:一次評価とショックの判定
・循環器系緊急事態(ショック)の管理
・循環緊急の管理のための器具と手順
・ショックケースディスカッション
・BLS習熟度テスト
・効果的なチーム力学
・心停止の判定と管理
・ケースのまとめ

筆記試験
あり
実技試験
あり
合格基準

・全てのコースプログラムへの参加
・実技評価の基準を満たすこと
・筆記試験の正解率が84%以上であること(25問/30問中)
 *筆記試験結果が84%未満の場合は当日1回のみ再試験を行う

標準受講料
16,760円(税別)
合格認定証


PEARS Provider(有効期限2年間)
時間割
開始終了内  容
受付8:309:00
開会9:009:05はじめの挨拶・コースの紹介
Life is Why9:059:15Life is Why アクティビティ
コースの概要9:159:20コースの概要
小児蘇生の科学9:209:30小児蘇生の科学
小児および乳児に対するBLS9:3010:35小児に対する質の高いBLSの実習
小児に対する質の高いBLSテスト
乳児に対する質の高いBLSの実習
乳児に対する質の高いBLSテスト
休  憩
体系的アプローチ10:4011:50体系的なアプローチおよび初期評価の概要
初期評価ビデオケースのディスカッション
一次評価
一次評価ビデオケースのディスカッション
11:5012:50昼  食
呼吸器系緊急事態11:5013:10呼吸器系緊急事態の管理
13:1013:45呼吸器系ビデオケースのディスカッションと気道確保
13:4513:50休  憩
循環器系緊急事態13:5014:10ショックによる緊急事態の管理
14:1014:45ショックビデオケースのディスカッションとショックの管理
14:4514:50休  憩
チームダイナミクス14:5015:15チームダイナミクス
総まとめ15:1516:25総まとめ
16:2516:30休  憩
知識評価16:3017:15映像を用いた試験
17:1517:30試験結果発表、修了式

※時間割は一例です。詳しくは各トレーニングサイトへお問い合わせください。