ACLS EPとは?

ACLS EP(ACLS for Experienced Providers)とは、ACLSの知識をもっと深めたい、複雑な状況下での蘇生技術をさらに強化したいなど、より上位のACLSを学びたい方へ向けた経験豊富な医療専門家向けコースです。

ACLSの修了者を対象に、心血管系・呼吸器系・代謝性・臨床薬理と中毒・心拍再開後の処置など症例ベースにディスカッションを行い、スキルを高めます。



AHA ACLS EPコース

AHA ACLS EPコースは、AHA ACLSプロバイダーコースの上位に位置するコースで、本コースを受講していただくことで同時にACLSプロバイダー資格を更新することができます。

特殊な蘇生や心停止前の状態の症例についての知識と技術の習得し、ACLSコースと異なりアルゴリズムを覚えるのではなく症例ベースに診断法や治療法のディスカッションを行います。

  • ACLSコース再考
  • 心血管系(STEMI,nonSTEMI,Strokeなど)
  • 臨床薬理と中毒学のエマージェンシー
  • 呼吸と代謝のエマージェンシー
  • 特殊な心停止に対する補足
  • 心拍再開後の治療(低体温療法)
  • ACLS EPサーベイ、鑑別診断等を用いた種々のケースについてのディスカッション など

当日必要な教材は以下の2点です。

  • ACLSプロバイダー マニュアル AHAガイドライン 2015準拠
  • ACLS EP マニュアル ・リソーステキスト G2010

他にも以下の教材も入手して目を通される事を推奨しています。

  • ECC(救急心血管治療) ハンドブック G2015
  • AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン G2015 英語版
AHA ACLS EP各種コースのご案内

日本ACLS協会では、AHA(American Heart Association:アメリカ心臓協会)のガイドライン2015(G-2015)に準拠した、ディスカッションを中心に救急救命スキルを学ぶコース「ACLS EPコース」やACLS EPインストラクターを養成するためのコース「ACLS EPインストラクターコース」をご用意しています。

 

ACLS EPコース

 

ACLS EPコースは、ACLSプロバイダーコースで二次救命処置を学習した方がさらにレベルアップするためのコースです。ACLSプロバイダーコースの更新と、院内、救急部、あるいは院外でチームリーダーに求められる救急救命スキルを学んでいただけるように設計されています。心血管系エマージェンシー、心拍再開後ケア、臨床薬理および中毒学、呼吸および代謝のエマージェンシーにどう対応するか等、ディスカッション形式を中心に学習していきます。

※ ACLSプロバイダーコースの更新と、それにつづく経験を積んだプロバイダー(Experienced Provider, EP) にとってのトピックとケース学習に焦点を合わせるため、コース開始時のACLSプロバイダー試験に合格することがEPコース受講の条件です。

※ ACLSリニューアル試験の総合的な判断で不合格となった場合は、EPコース自体の履修は困難と判断し、以降のコース参加をご辞退いただいています。補習もございません。見学も不可です。受講料の返却もございませんのでご了承ください。ACLSリニューアルコースとしての質を確保するため、厳しい条件となります。十分ご了承の上、お申込み下さい。

※ 本コースを受講していただくことで、同時にACLSプロバイダー資格を更新することができます。

受講条件
 下記資格保有が必須

  • AHA ACLSプロバイダー/インストラクター資格保有者(期限不問)

 

ACLS EPインストラクターコース

 

AHA ACLS EPコースを指導できるACLS EPインストラクターを養成するためのコースです。
「ACLS EP マニュアル・リソーステキスト」と「ECC(救急心血管治療) ハンドブック」に沿い、ACLS EPを指導するための技術を学びます。本コースを修了しただけでは、ACLS EPインストラクターとしては認定されません。実際のコースでモニター評価を受け、合格した方にACLS EPインストラクターカードが発行されます。

受講条件
 下記条件を全て満たすことが必須

  • AHA EP資格保有者(有効期限内)
  • AHA ACLSインストラクター資格保有者(有効期限内)
  • 日本ACLS協会主催コアインストラクターコース受講済み
  • TS長の推薦を受けた方