東京本郷トレーニングサイト

東京本郷トレーニングサイトは、東京都内を中心にBLS、ACLS、PEARS、ハートセイバーなどの心肺蘇生法講習会を開催しております。講習内容はアメリカ心臓協会(AHA)に準拠しており、当サイトの所属している日本ACLS協会は受講者数及びコースの質の高さを認められ、AHAより5年連続で世界最高賞であるAHAプラチナ賞を受賞しました。

サイト長情報
サイト長: 田中 行夫
サイト長勤務施設名: 貢川整形外科病院
サイト長勤務部署: 麻酔科
サイト長肩書き: 部長
トレーニングサイトより

〜“ナイスな感動、ナイスな蘇生”を皆様に伝えること〜それが私たちの使命“Why”です

① 東京本郷トレーニングサイトの歩みと活動

2003年日本ACLS協会発足時に12番目の山梨トレーニングサイトとして発足しました。 活動は山梨医科大学(現山梨大学)を拠点にBLS、ACLSを中心にコース開催をしてまいりました。当時所属インストラクターは山梨のみならず、東京、長野、埼玉、静岡、群馬、富山在住の方々もおられたため、徐々に活動範囲を拡げ、近隣のTS立ち上げのお手伝いもさせていただきました。2008年サイト長の勤務先異動により、活動拠点を東京に移し、「東京本郷トレーニングサイト」として改称、ハートセイバー、BLS、ACLS、PALSコースを開催しております。活動実績は以下の通りです。現在コース開催は日本ACLS協会東京トレーニングラボを中心に各コースを定期的に開催運営しております。インストラクターは60名を越し東京の他、山梨、長野、静岡、三重などの方々も所属、活動している大所帯です。各地域からのインストラクターが東京に参集し受講生のニーズに応じたECCコースを目指し、受講生との双方向的なインストラクションを心がけています。組織形態としてBLS、ACLS、PALSの各コースに責任インストラクターを配しコース毎に責任インストラクターと各CDを中心の輪としてインストラクター間の情報共有を重要項目と捉え、質の高いコースを目指しています。



② 私たちの使命“Why”とは

AHA ECC コースの目的は科学的根拠に基づく知識やスキルを受講生に伝達しそれが臨床現場で役立つことです。私たちインストラクターは受講生の理解度の程度に応じてその評価をしつつコースの目的たる到達点に至るよう受講生に適切な指導をすることであると考えます。そのために私たちは深い知識や高いスキルを獲得することはもちろんですが、教育方法にも充分な造詣が必要だと考えています。教育に対する熱意と絶え間無いコースへの情熱こそがAHAコースの真髄を普及していく原点だと感じています。「参加してよかった。」と皆様が「感動」して頂けるようなコース創りに、私たちは日々取り組んでいます。コースでの「感動」が、皆様の知識やスキルのさらなる向上のきっかけとなり、ひとりでも多くの救える命のために繋げて頂けるのであれば、それは、私たちにとって、望外の喜びです。「ナイスな感動、ナイスな蘇生を皆様に伝えること」、それが私たち(東京本郷トレーニングサイト)の使命“Why”です。

講習会場情報
ホームページ
メールアドレス hongots@acls.jp
認定日 2008年11月01日
代表的な開催地 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム2F
〒 105-0022
東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム2F

   
開催しているコース

ハートセイバー インストラクターエッセンシャルコース
ハートセイバー CPR AEDコース
ハートセイバー ファーストエイド コース
ハートセイバー ファーストエイドCPR AEDコース
BLSプロバイダーコース
BLSインストラクターエッセンシャルコース
ACLSプロバイダーコース
ACLSインストラクターエッセンシャルコース
PALSプロバイダーコース
PALSインストラクターエッセンシャルコース
PEARSプロバイダーコース
コアインストラクターコース


トピックス