PEARSとは?

PEARS(ペアーズ)とは、Pediatric Emergency Assessment, Recognition, and Stabilization の略称で小児救急、評価・認識・病態安定化を意味します。日常的に乳児や小児の蘇生行為を行っていないプロバイダーの研修ニーズを、より満たすために開発されたプログラムです。

一次救命処置(BLS)スキルはすべてのヘルスケアプロバイダーに重要ですが、小児を処置する全てのプロバイダーが小児二次救命処置(PALS)で教わるすべてのスキルを利用しているわけではありません。多くのプロバイダーは、致死的な状態に陥る可能性のある小児を認識し、より熟練のプロバイダーの応援を積極的に求めなければなりません。そうした小児を認識することが予後の改善に最重要であるため、PEARSプログラムでは小児の管理よりも、小児の評価および認識スキルの向上に重点を置いています。



AHA PEARSプロバイダーコース

AHA(アメリカ心臓協会:American Heart Association)のPEARSプロバイダーコースは、日常的に乳児や小児の蘇生行為を行っていない医師や看護師を含むプロバイダーのニーズをより満たすために開発されたコースです。

小児の救命は「心停止の予防」から始まります。ひとたび小児が心停止をきたすと、理想的な蘇生努力を施しても一般的には良好な転帰が困難となる場合も多見されます。時宜を得た介入により、心停止への進行を阻止して小児の命を救うためには、心停止に繋がる兆候に気付く訓練が必要です。このプログラムは患者の初期対応に欠かせない第一印象と一次評価の内容を強調した構成で、その観察方法と対処、及び思考過程とチーム蘇生を目的としてトレーニングを繰り返していきます。

PEARSプロバイダーコースの受講対象者は医療従事者のみならず、保育士や養護教諭、医療系学生やメディカルスタッフなどの受講も可能です。

  • 乳児・小児のBLSを学びたい
  • 急変前の観察・評価・介入方法等を学びたい
  • 学んだことを院内・施設内に還元したい
  • インストラクターとして普及活動に関わりたい など
さまざまな想いを持った多くの方にご受講いただいています。

AHA PEARS各種コースのご案内

日本ACLS協会では、AHA(American Heart Association:アメリカ心臓協会)のガイドライン2015(G-2015)に準拠した、乳児、小児の救命のための初期評価法を学ぶ「PEARSプロバイダーコース」やPEARSインストラクターを養成するためのコース「PEARSインストラクターエッセンシャルコース」をご用意しています。

PEARSプロバイダーコース

日常的に乳児や小児の蘇生行為を行っていないプロバイダーの研修ニーズをより満たすために開発されたコースです。一次救命処置(BLS)スキルはすべてのヘルスケアプロバイダーに重要ですが、小児を処置する全てのプロバイダーが小児二次救命処置(PALS)で教わるすべてのスキルを利用しているわけではありません。多くのプロバイダーは、致死的な状態に陥る可能性のある小児を認識し、より熟練のプロバイダーの応援を積極的に求めなければなりません。そうした小児を認識することが予後の改善に最重要であるため、本コースでは小児の管理よりも、小児の評価および認識スキルの向上に重点を置いています。

受講対象者
  • 医療従事者(医師、看護師、救命士など医療国家試験有資格者)
  • 医療系学生(医学生、看護学生、歯学生等)
  • その他医療関係者
  • 保育士/幼稚園教諭
  • 養護教諭
受講条件
  • AHAガイドラインに準拠した質の高いCPRが行える方

PEARSインストラクターエッセンシャルコース

AHA PEARSコースを指導できるPEARSインストラクターを養成するためのコースです。本コースを修了しただけでは、PEARSインストラクターとしては認定されません。実際のコースでモニター評価を受け、合格した方にPEARSインストラクターカードが発行されます。

受講対象者
  • 満18歳以上75歳未満の方
  • 医療従事者(医師、看護師、救命士など医療国家試験有資格者)
  • 医療系学生(医学生、看護学生、歯学生等)
  • その他医療関係者
受講条件
 下記条件を全て満たすことが必須
  • AHA BLSプロバイダー/インストラクター資格保有者(有効期限内)
  • AHA PEARSプロバイダー資格保有者(有効期限内)
  • 日本ACLS協会主催コアインストラクターコース受講済み
  • TS長の推薦を受けた方